忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本当の。


62日目(73更新)のアレ。

ってか、更新が朝になっても終わってない・・・
リスさん大丈夫かしら?
 






------------------------------------------------------------
黒と金色の霧が混ざりあい、体の中に入ってくる。
それと同時に視界がぼやけ、目の前が見えなくなった。


残り続けるのは痛みだけ――


何も見えない中、
ただ、意識を奪われないように必死に堪えた。
しかし、意識が遠のくかのように音も痛みも次第に遠のいていく・・・

何もわからなくなるのが怖かった。
だから怯えて、音を、景色を探した。

すると、急に光が見えたと思うと光は瞬く間に広まった。
そして、彼は見た。

急激に流れてくる景色を。



嫌なものを見るような目をする女。
ゲラゲラ笑う豪華な服を着た人たち。
手にナイフをもった男。
手を差し出してくれた少年。
『心』を教えた少女。
世界を教えてくれた『悪魔』たち。
風と音に混じってに聴こえる音。
剣の音、銃の音、魔法の音。
そして、叫ぶ音と泣く音。
森の中の大きな遺跡。
兵士と囚われた仲間。
突き飛ばしてきた少年だった青年。



その奔流に頭に激痛が走り、息が苦しくなる。
激痛から逃れようと必死にもがくが激しい流れは消えない。

流れに翻弄されながらもふと、気づく。



――もしかして、これが・・・?

その瞬間、急に体の力が抜け視界がぐにゃりと歪む。
何かにすがりつこうとしても何もできずに消えていく。



遠のく意識の中、

かすかに聞こえたのは・・・・・・



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


気がつくと、相変わらず光り続けている大きな木が彼を見下ろしていた。
どうやら、治療中に倒れてしまったようだ。

のろのろと起き上がると、ズキンッと頭に痛みが走った。
彼はその痛みに顔をしかめ、頭を手で押さえる。

痛みを堪えながら、
そんな表情のまま、
空――正確には天井だが、を見上げる。

・・・脳がまだうまく働いていないのか、ぼんやりしている。
だが、音だけはしっかりと聞こえた。

風の音に混じって聴こえる音。
あの時と、同じ音。

そして、無意識のうちにヴィオはポツリと呟いた。





「結局、ここに戻ってしまったのか・・・俺は」

------------------------------------------------------------


おめでとう! フィチーは ヴィオに 進化した!!(


ってことで、やっと記憶が戻りました。
だからといって性格があまり変わらないのは俺クオリティ(

強いて言えば、少し警戒心とガキらしさが出てきたぐらいかな?
そこ、15歳とは思えないとか言わない。

詳しい過去は設定の欄を見てねw



今回の結果はどうなかったかな・・・

拍手

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 

最新記事

 

コメント

[09/28 フィチー]
[09/24 通りすがり]
[07/07 ガル]

 

カウンター

 

ブログ内検索

 

たまに消失

 

バーコード