忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


更新70回目(59日目)のアレ。
1Tでボッコボコにされた後のお話だよ!







------------------------------------------------------------
目を覚ますと光る巨大な木が見えた。
・・・どうやらさっきの戦いで気を失っていたらしい。

「・・・・・・」

フィチーはのろのろと起き上がると少し変な感じがした。
今まで感じたことがない感覚に何かが起きている・・・と思った。
変化を確かめるようにそのまま手をジーッと見る。
なんら変わりない手だった。

周りを見渡すと、近くにレイとセリとおっさんが見えた。
そして、ガルが横たわっていた。
ガルは硬く目をつぶり、眠っている。その顔はどこか苦しそうに見えた。

今度はゆっくりと立ち上がり遠くを見た。
巨大な木はちらちらと葉を落としていて、
周りには冒険者たちが戦ったり、休んでいたりした。

そして、風の音に混じって戦いの音が聞こえた。
剣の音、魔法の音、叫ぶ音、泣く音・・・


この景色たちと音はどこか、

『不安』で、『悲しく』て、『苦しかった』。

どれも嫌な感情だった。
それなのに、


――それなのに、少しの『懐かしさ』もフィチーに覚えさせた。


「・・・・・・ッ」

突然、目眩がしてフィチーは思わずよろめき、力なくペタンと座り込む。
座りこむと同時に自然と巨大な木が目に移った。

怪しく輝き続ける巨大な木。
その木が放つ輝きはフィチーをさらに不安にさせた。





「俺は・・・・・・」


そう呟いたフィチーの青き瞳は、
不安を見せる木ではなく・・・どこか遠くを見ているようだった。

------------------------------------------------------------


大量のマナが体に入ったことで少し違和感を感じているようです。

いや、そんなことじゃなくって・・・!(


微妙に心が折れかけてそうな気がしてならないんだ。これ。
BCでも諦めの心なんて微塵もなかったのに!(

まぁ・・・やる気は戻ってくるだろうけど(


そして、フィチーが感じた『懐かしさ』は・・・もうわかるよね?(





次回の相手は・・・技削減しても・・・いいのかな?

拍手

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

 

最新記事

 

コメント

[09/28 フィチー]
[09/24 通りすがり]
[07/07 ガル]

 

カウンター

 

ブログ内検索

 

たまに消失

 

バーコード