忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

″彼″は何を思うのか。


43日目の治療の結果のアレ。

 
 









------------------------------------------------------------

雲が覆った空が見える森。
彼は息を切らしながら走り続けていた。
進んでも進んでも、変わりのない森だった。

突如、3人が茂みから飛び出し襲いかかってきた。
しかし、彼は動じずに抜刀し、剣を振るう。

やがて立っている者は彼だけとなった。


彼は立ち止り、周りを見渡した。

灰色の雲、緑色の森、そして、赤――

しかし、いくら見渡せど彼が求めるものはいなかった。
彼は一、二度、剣を振ると鞘に収め、再び走り出した。



いくら、走り続けていたのだろうか。
目の前に開けた場所が見えた。
彼はゆっくりと減速してゆき、茂みに隠れその場所を覗いた。

そこには遺跡らしきものが見えた。
周りには人らしき影はいない。
彼は茂みから出ずにずっと遺跡の方を眺め続けた。
まるで何かを待っているかのように。


ふと、横から銃らしき音が聞こえた。
彼は驚き、聞こえた方向へ向く。

その瞬間、















------------------------------------------------------------


「・・・ッ」

フィチーは見た夢に思わず飛び起きた。そして、慌てながら周りを見渡す。
周りには大きな樹とシュノーンがいる。

周りを見渡した後、自分の手を眺め、

「・・・俺・・・は・・・・・・」

呻くような声で呟いた後、フィチーは黙り込んでしまった。


たった今、見た夢。

それが蘇った記憶。


記憶が少しでも戻ったから嬉しいはずなのに。
それなのに、はっきりした記憶はぼんやりとした夢よりも苦しかった。
だんだん苦しく、息がしずらくなっていった。


そんな苦しさに彼はいつの間にか泣いていた。


体を強張らせても、目を強くつぶっても、止められることもできず、彼はしばらく泣き続けた。


------------------------------------------------------------





まさかの剣修得。


あれですね。
前書いたが詳しくなった感じが今回のヤツね・w・`

一体、彼は何をしていたんだろうね・・・?



あ、ちなみに「その瞬間」の後の空白はミスじゃないぞ
この空白、どう理解するかだね・・・

拍手

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最新記事

 

コメント

[09/28 フィチー]
[09/24 通りすがり]
[07/07 ガル]

 

カウンター

 

ブログ内検索

 

たまに消失

 

バーコード